有酸素運動と無酸素運動


脂肪を燃焼させるために有効な運動が有酸素運動であることはよく知られていますが、有酸素運動は、長時間継続することができる軽度~中程度の負荷がかかる運動のことを指します。体内に大量の酸素を取り込むことで脂肪を燃焼させることを目的としている運動であり、ウォーキングやジョギング、エアロバイクや水泳、ヨガなどが有酸素運動に含まれます。しかし、有酸素運動で効果的に脂肪を燃焼するためには、燃焼させることができる筋肉の量を増やすことが大切であるため、筋トレ無酸素運動の筋トレを併用する必要があります。

無酸素運動は、ウエイトトレーニングや十分な呼吸ができないような激しい運動であり、酸素を十分に使うことができないため、それだけでは脂肪を燃焼することができません。筋トレをすることで分泌される成長ホルモンが脂肪分解に大きな役割を果たしているため、筋トレなどの無酸素運動をしたあとに、有酸素運動を行うことで効果的なダイエットを行うことができるのです。

スポーツジムに通う頻度は人それぞれですが、筋肉は筋トレによって筋トレが傷つけられその回復時に大きくなることもあり、最低限、週2回は通うようにしなければ思うような効果を得ることができません。筋肉は1週間経過すると衰えると言われており、鍛えた筋肉をキープするためには週2回はトレーニングする必要があるのです。

ダイエットに効果的なトレーニングメニュー


普段ほとんど運動をしない方は、スポーツジムでダイエットのためにどんな運動から始めればいいかさえわからないことでしょう。理想的なトレーニングメニューとは、ウォーミングアップ、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動、ストレッチの順番で行うことが基本となります。
筋力トレーニング

まず、始めにランニングマシンやエアロバイクを使って準備運動を行います。最初にストレッチが必要ではと考えがちですが、筋肉が冷たく固まった状態でストレッチをすると筋繊維を傷めてしまうこともあります。

そして、体を動かして体温とともに筋肉の温度をあげるウォーミングアップをすることが大切となります。次にストレッチで十分に筋肉をほぐしてから筋力トレーニングを行います。背中や胸などの大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝力が上がりやすくなるため、大きな筋肉から小さな筋肉という順番で負荷をかけてトレーニングを行います。女性が気になる二の腕や内またなど気になる部分からやりたくなりますが、順番を意識した方が目標達成の近道となります。筋トレが終わったら有酸素運動に移ります。ジョギングやエアロバイク、水泳やエアロビクスなど好みで選んでも構いません。

多くの女性は、スタジオプログラムに合わせてスポーツジムを訪れ、一汗流してから筋トレをすることがありますが、効果的なダイエットを目指すのであれば、順番をきちんと守った方がいいでしょう。最後にストレッチをしてクールダウンし、体を十分に伸ばします。やっている内容が同じでも順番が異なると効果に違いがでることを理解しておきましょう。

スポーツジムでダイエット


ダイエットにはさまざまな方法があり、これまでに数々のダイエットに挑戦して挫折したり、リバウンドに悩んだりしたことがある方も多いことでしょう。最も手っ取り早くできる方法として食事療法があります。食事療法絶食や1つの食物だけを摂取する方法など極端な食事制限は、一時的に体重を落とすことができてもそれとひきかえに体を壊してしまうことがあり、長続きできるものではありません。話題の糖質制限ダイエットも度が過ぎると体に必要な栄養成分が不足する状態となります。

また、糖質摂取を再開した際に大幅なリバウンドを引き起こすこともあります。基礎代謝が落ちている際に、代謝カロリーよりも多く摂取しないという考えもありますが、一方で運動をすることによって体質を改善して基礎代謝力をアップさせるという方法があることも理解しておくべきです。

スポーツジムによるダイエットが効果的であると言われる理由には、筋トレによって基礎代謝量をアップすることができる、有酸素運動によって効果的に脂肪を燃焼することができる、ことがあげられます。これらと食事コントロールによる摂取カロリーを調整することでさらなるダイエット効果が期待できます。エステで脂肪吸引をしてダイエットする方法もありますが、一度なくなった脂肪は、しばらく経つとまた蓄積されるため、そのたびに脂肪吸引をするという悪循環で基礎代謝をアップさせることはできません。
スポーツジムには謳歌的な筋トレや有酸素運動ができるマシンが充実しており、専属のトレーナーによるアドバイスを受けることもできるため、健康的に体脂肪を落とすことが可能です。